加齢臭対策ナビ

若いからと油断してはいけません

加齢臭の呼称は、昔は見聞きすることがなかった言葉です。

 

従来は「オヤジ臭」と認識されていましたが、現在は加齢臭の名称がポピュラーになっています。

 

純粋に加齢臭を、中年以降の男の方から生じている臭いと捉えている方も非常に多いでしょう。

 

とはいえ加齢臭は中高年の男の方のみに見られる臭いではなく、比較的低年齢であっても放たれるようになるかもしれないのが加齢臭なのです。

 

加齢臭の元になるノネナールと呼ばれる成分は、基本的に40代くらいからたくさん産生されることになります。

 

ところが、年齢的に若い方にもこのノネナールの量が多く作り出される方が存在するのです。

 

そのため、加齢臭の有無を判断するには、年齢ではなく原因成分のノネナールの多寡ということになります。

 

タバコを吸う量やお酒を飲む量といった要素も関係し、肉類ばかりの食事内容になっていることも要因に含まれているのです。

 

これらだけでなくストレスを抱えていたり運動を取り入れなかったりすると、仮に20代だとしても充分に加齢臭を生じる可能性があります。

 

現段階で加齢臭を生じていなかったとしても、近いうちに生じるようになる可能性は充分にあります。

 

歳と加齢臭については、結び付かないと片付けても波紋を呼ぶことはありません。

 

加齢臭が引き起こされる年齢を後回しにするには、出来るだけ規則正しい生活を心がけ、食生活の乱れもなくすことが必須条件となります。

 

外食がどうしても多くなっている方は、特に注意する必要があります。

 

以前から加齢臭が気になっている方も、食事内容の改善から取り組むのが望ましいでしょう。

 

ある日突然、漂い始めるのが加齢臭ですから、若い世代だからと軽視することがないように注意しましょう。

 

 


若いからと油断してはいけません関連ページ

加齢臭の元「ノネナール」
頭皮からくる加齢臭
女性の加齢臭