加齢臭対策ナビ

加齢臭の元「ノネナール」

一般的に中年以降から出てくるようになる加齢臭ですが、その原因は何処にあるのでしょうか。

 

このことに関して、加齢臭は不飽和アルデヒドの「ノネナール」が嫌な臭いの元になっているのです。

 

時代を遡ってみるとこのような加齢臭という言葉は見られず、皆に知られるようになったのは最近になってからと言われています。

 

和食中心の日本の食生活では、異様な体臭が漂うなどというトラブルはありませんでした。

 

戦後の日本は食生活の欧米化が加速し、悪臭を発しやすい状況を生み出してしまいました。

 

加齢臭の元凶であるノネナールは、歳をとるごとに多くなっていく物質なのです。

 

一般的には40歳代に突入した頃から加齢臭を発生させる傾向が見られ、表現し難いおやじ臭さによって煙たがられてしまうことも少なくありません。

 

タバコも加齢臭の原因のひとつですが、喫煙をすることによってノネナールの物質作りを補助してしまいます。

 

それから、汗臭さだけでなく整髪料の臭気などが一緒になって加齢臭と感じ取られてしまっているのです。

 

洋服に加齢臭が付くとなかなか取れないので、日常的に同じスーツを着用している方などは、加齢臭もこれに伴って強くなっていることが考えられます。

 

僅かでも加齢臭の臭いを軽くするには、早いうちから対策を練ることが必要不可欠です。

 

加齢臭の元になっているノネナールは、どの石鹸でも簡単に落とせるわけではありません。

 

加齢臭対策が目的の石鹸なども買うことができますから、適切なケアを行いたい方は使ってみることをお勧めします。

 

まずは食生活や日常生活を見直し、清潔な状態を維持することが一番大切なことです。

 

加齢臭で悩んでいるのであれば、急いで対策を考えるのが望ましいでしょう。